「遺産相続おまかせパック」の詳細はこちら

みな司法書士法人
相続放棄特設サイト

親、親族が亡くなって借金の相続を防ぎたい方へ

相続放棄の申立ては、一度きりです
失敗しないためにも専門家にご相談ください

当サイトは、借金を相続したくない方のため専門サイトです

静岡市のみな司法書士法人では、相続放棄に関する手続きをすべてサポートいたします。

主に、静岡市葵区、静岡市駿河区、静岡市清水区、藤枝市、 焼津市、島田市、富士市、富士宮市など、静岡市を中心とした静岡県中部地区を中心に対応をしております。

初回のご相談は、無料にて承っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

※事前の予約により、夜間・土曜・日曜 も 無料相談をご利用いただけます。

相続・遺言の無料相談受付中

相続放棄3つの注意点

1.相続放棄には、「相続の開始を知った時から3ヶ月」の期限がある

相続放棄には、「自分のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内にしなければならない」という期限があります。相続放棄を検討している方は、この期限に間に合うように手続きをしなければなりません。

相続放棄の3ヶ月

2.借金を放棄するための相続放棄は、家庭裁判所での手続きが必要

単に相続人の間で「私は相続放棄をします」と話しただけでは、借金の相続放棄をすることはできません。相続放棄は家庭裁判所で手続きをし、これが受理されて正式に認められることになります。

借金の相続放棄をする場合は、必ず家庭裁判所で正しい相続放棄の手続きをしましょう。

相続放棄と遺産の放棄

3.相続放棄の手続きは一度きり

相続放棄の手続き等に不備があり、家庭裁判所に却下されてしまった場合には、その決定を覆すことができません。

自分で手続きをするには不安が残る…とお考えの方は、司法書士等の専門家へお声がけください。

司法書士と相続放棄

「3ヶ月」の期限後に相続放棄をご検討中の方へ

「3ヶ月」の期限を過ぎた場合でも、相続放棄をあきらめてはいけません。

裁判例は、相続人が相続放棄をしなかったのが、①被相続人に相続財産が全くないと信じ、②このように無いと信じることについて相当な理由がある場合、相続放棄の期間計算のはじまりを、相続人が被相続人の相続財産があることを知った時から起算してもよい、と判断しています。参考判例: 最判昭和59年4月27日

当事務所は、「3ヶ月」期限後の相続放棄を受理させた豊富な実績がありますので、まずは一度ご相談ください。

注1:期限を過ぎても大丈夫というわけではありません!

相続放棄がその期限を過ぎても認められるのは、あくまでも例外的な取り扱いです。期限を過ぎた相続放棄は原則として認められないため、相続放棄を検討中の方は、期限を過ぎないように手続きをしてください。

注2:債権者からの通知を放置してはいけません!

たとえば、債権者から債務の存在を知らせる通知がすでに届いていて、その通知到達の日から3ヶ月の期間が経過してしまっている場合は、裁判所に「相当の理由あり」と認めてもらうことは困難といえます。債権者からの通知が到達している時点で、すでに「債務の存在を知った」といえるからです。

債権者からの通知が手元に届いているのなら放置をせず、早めに対処するようにしましょう。

相続放棄の解決事例

相続放棄に関する、実際の解決事例をご紹介します。

相続放棄に関する知識

相続放棄に関する基本的な疑問から、特殊な事情まで考慮した、様々なケースに役立つ相続放棄の知識を掲載しています。

当事務所の相続放棄トータルサポート

当事務所では、相続放棄の手続きをトータルサポートいたします。

  • 「自分でやってみようと思ったけど、やっぱり大変そう…」
  • 「途中まで進めてみたけど、分からなくなってしまった…」
  • 「色々調べてみたけど、やっぱり不安が残るかも…」

など、ご自身での手続きに不安があるようでしたら、当事務所までご相談ください。

具体的な費用と手続きの詳細は、こちらからご確認ください。

借金の相続を防ぎたい人へ相続放棄トータルサポート