遺留分の放棄と相続放棄はなにが違うの?

遺留分の放棄と相続放棄となにが違うの

ABOUTこの記事をかいた人

みな司法書士法人 川上直也

司法書士になる前は、特別養護老人ホームで介護の仕事をしていました。私は、実際にお年寄りが法律の問題でお悩みになっている姿を身近で見て、誰もが気軽に相談できる、心に寄り添う法律の専門家が必要だと感じるようになりました。こうした思いから司法書士になり、当事務所を立ち上げるに至ります。ご相談は、お気軽にどうぞ。

相続放棄と似た言葉で「遺留分の放棄」というものがあります。言葉自体は似ているのですが、その法律的な効果はまったく異なります。

「相続放棄」と「遺留分の放棄」。言葉の違いで惑わされないように、ここでは両者の違いをご説明していきます。

1.相続放棄はマイナスの財産を放棄することができる

相続放棄とは、被相続人(亡くなった人)のプラスの財産とマイナスの財産のすべてを、文字通り「放棄」する手続きです。プラスの財産とは預貯金や不動産、マイナスの財産とは借金などの負債を指します。

相続放棄は主にマイナスの財産を放棄するために行われます。なぜなら、被相続人のマイナスの財産を放棄するための選択肢は「相続放棄」しかないからです。

ここが「遺留分の放棄」との大きな違いの一つ。相続放棄はマイナスの財産を放棄することができますが、遺留分の放棄はマイナスの財産を放棄することができません。

したがって、もしあなたが被相続人のマイナスの財産を放棄しようと思っているのなら、必ず「相続放棄」の手続きをとるようにしてください。

相続放棄をする理由はひとそれぞれです。中には、身内の相続争いに関わりたくないといった理由で放棄される方もいます。ここでは「主な」理由がマイナスの財産の放棄である、という意味で書いています。

2.遺留分の放棄はプラスの権利を放棄する手続き

遺留分とは、相続人の最低限の相続分を確保するために定められた制度です。

被相続人は遺言によって自分の財産を自由に処分することができます。しかし、あまりに自由すぎる遺言は残された相続人が困ってしまうことになりかねません。たとえば「すべての財産を愛人に譲る」といった遺言を書かれては、その被相続人を頼って生計を立てていた相続人は困ってしまうでしょう。

そうならないように、遺留分という制度によって残された相続人の最低限の相続分を確保しています。つまり、遺留分とは相続人のための権利であり、この権利を放棄することが「遺留分の放棄」というものです。

遺留分について詳しく知りたい方は、こちら↓の記事をご覧ください。

相続人に最低限保証された相続分がある?遺留分とは

相続人に最低限保証された相続分がある?遺留分とは

2017年6月12日

3.遺留分の放棄は被相続人の生存中にもすることができる

遺留分の放棄は被相続人の生前にすることができる

相続放棄は被相続人の生存中にすることはできません。これに対して、遺留分の放棄は被相続人の生存中にもすることができます。

被相続人の生存中に借金が発覚した場合でも、相続放棄をすることはできません。このような場合の注意点は、こちら↓の記事を参考にしてください。

親の借金放棄

親の存命中に借金が発覚したら、相続放棄できるの?

2018年4月8日

被相続人の生存中にする遺留分の放棄の多くは、被相続人から相続人への「お願い」をして進めることになります。なぜなら、遺留分の放棄は、あくまで放棄をする相続人の意思でされるものだからです。

たとえば、被相続人が特定の一人の相続人に全財産を相続させたいと遺言を書いたとします。しかし、他の相続人は遺留分の権利を持つため、その権利を主張されてしまうと「全財産の相続」といった形にはなりません。

このようなときに、被相続人から遺留分を放棄してほしい相続人に「お願い」をして、その相続人が了承すれば、遺留分放棄に向けた手続きをとっていくことになります。

3−1.被相続人の生存中にする遺留分の放棄は、家庭裁判所の許可が必要

被相続人生存中の遺留分の放棄は、家庭裁判所の許可を得て行います。たまに、遺留分の放棄の念書などを作成している方もいらっしゃいますが、そのような念書には強制力がないと考えられていますのでご注意ください。

民法 第1043条(遺留分の放棄)

1.相続の開始前における遺留分の放棄は、家庭裁判所の許可を受けたときに限り、その効力を生ずる。

2.共同相続人の一人のした遺留分の放棄は、他の各共同相続人の遺留分に影響を及ぼさない。

そして、家庭裁判所は主に次の要件を確認します。

  • 遺留分の放棄が本人の意思によるものか
  • 遺留分の放棄をする理由に合理性と必要性があるか
  • 遺留分の放棄に代償性はあるか(たとえば、遺留分に見合う金銭を受け取っているか、など)

遺留分は、本来ならば各相続人に認められた権利です。被相続人からの圧力などで無理に遺留分の放棄をすることのないよう、家庭裁裁判所はこれらの要件を確認します。

3−2.遺留分放棄の許可の手続き

被相続生存中にする遺留分の放棄の手続きは、次のとおりです。

  • 申立人
    • 遺留分を有する相続人
  • 申立ての時期
    • 相続開始前(被相続人の生存中)
  • 申立先
    • 被相続人の住所地の家庭裁判所
  • 申立てに必要な費用
    • 収入印紙800円分
    • 連絡用の郵便切手(各裁判所に確認してください)
  • 申立てに必要な書類

4.被相続人の死亡後にする遺留分の放棄

被相続人死亡後には、自由に遺留分を放棄することができます。家庭裁判所の許可を得る必要はありません。

5.遺留分の放棄と相続放棄まとめ

POINT
  • 相続放棄
    • マイナスの財産を含めた、被相続人のすべての財産を放棄する
    • 被相続人の生存中にはすることはできない
  • 遺留分の放棄
    • 「遺留分」という権利だけを放棄する
    • 被相続人の生存中にもすることができる
    • 被相続人の生存中に放棄する場合は、家庭裁判所の許可が必要
    • 被相続人死亡後には自由に放棄することができる

「相続放棄」と「遺留分の放棄」。似たような言葉でも、法律的な効果はまったく異なることを覚えておきましょう。

ここでの記事が、あなたの参考になれば幸いです。

この記事が役に立ったらシェアをお願いします


遺産相続のお悩みは解決できましたか?

当事務所では、相続・遺言に関する手続きをすべてサポートいたします。ご自身での手続きに不安があるようでしたら、当事務所までご相談ください。

必ずあなたの力になります。


遺産相続おまかせパック

遺産相続おまかせパック

書類作成・書類収集・預貯金の解約・不動産の名義変更など、相続手続きに必要な各種の手続きをパックにしたサービスです。

「遺産相続の全部をおまかせしたい…」

「忙しくて自分で手続きをする時間がない…」

「自分で手続をするのは不安が残る…」

と思っている方へ。



相続放棄トータルサポート

相続放棄サポート

無料相談、出張相談、書類の取得、書類の作成、相続放棄申述書の作成、照会書の記入アドバイス、…など、相続放棄に必要な手続きをトータルにサポート。

安心の完全成功報酬制です。相続放棄できなかった場合には、料金はいただきません。(ただし、相続放棄の申述が受理される見込みのある方に限ります)



遺言作成トータルサポート

遺言が偽造されていた場合

法的に効力のある、しっかりとした遺言を書きたい!と思っている方へ。

無料相談、出張相談、書類の取得、書類の作成、遺言内容のアドバイス、遺言書下書きの作成、公証人役場との調整、公証人役場での立ち合い…などが含まれています。

自筆証書遺言と公正証書遺言の2種類に対応。


成年後見トータルサポート

成年後見サポート

成年後見制度の利用をご検討中の方へ。

ご相談から審判の確定まで、成年後見制度の利用に必要な手続きをトータルにサポート。

法定後見と任意後見契約の2種類に対応。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

みな司法書士法人 川上直也

司法書士になる前は、特別養護老人ホームで介護の仕事をしていました。私は、実際にお年寄りが法律の問題でお悩みになっている姿を身近で見て、誰もが気軽に相談できる、心に寄り添う法律の専門家が必要だと感じるようになりました。こうした思いから司法書士になり、当事務所を立ち上げるに至ります。ご相談は、お気軽にどうぞ。