先順位者の相続放棄によって、あなたが相続人になった時にするべき3つのこと

先順位者の相続放棄によって相続人になった

ABOUTこの記事をかいた人

みな司法書士法人 川上直也

司法書士になる前は、特別養護老人ホームで介護の仕事をしていました。私は、実際にお年寄りが法律の問題でお悩みになっている姿を身近で見て、誰もが気軽に相談できる、心に寄り添う法律の専門家が必要だと感じるようになりました。こうした思いから司法書士になり、当事務所を立ち上げるに至ります。ご相談は、お気軽にどうぞ。

自分が相続人でないのに、ある日突然債権者から通知が来ることがあります。

通知の内容は、「先順位の相続人全員が相続放棄をしたので、あなたが相続人になったこと。相続人として、被相続人(亡くなった人)の借金の支払い義務があること」などが書いてあることでしょう。

このような内容の通知は真実である可能性が高く、無視することは得策ではありません。しかし焦る必要もなく、あなたが適切な手続きをとればなんら不利益を受けることはありません。

ここでは、先順位者の相続放棄によって、あなたが相続人になった時にするべきことを3つに分けてご説明していきます。

1.まずは、先順位相続人の相続放棄を確認しましょう

相続人となる人の順番は次のとおりです。

  1. 子(直系卑属(下の世代))
  2. 親(直系尊属(上の世代))
  3. 兄弟姉妹

※配偶者は常に相続人です。

そして、同順位の相続人が全員相続放棄をすると、相続権が次順位の相続人に移ります。

たとえば、子の立場にあたる人が全員相続放棄をした場合、①父母が健在であれば相続権は父母へ、②父母がすでに亡くなっている場合は、兄弟姉妹へ相続権が移ることになります。

冒頭にも書きましたが、債権者から通知が来たら、自分は相続人でないと思って無視してはいけません。先順位の相続人全員が相続放棄をすれば、あなたに相続権が移ることは十分ありえることだからです。

そして、自分には関係ないと思って放っておくと、相続の単純承認に該当してしまうため、被相続人の借金の支払い義務を引き継ぐことになってしまいます。

このようなことを防ぐために、まずは、先順位の相続人の相続放棄の有無を確認していきます。

先順位の相続人と連絡をとれるようなら、単純に電話等で連絡をとって相続放棄の有無を確認すればよいでしょう。

連絡がとれない場合は、家庭裁判所へ「相続放棄の有無照会」をします。照会先の裁判所は被相続人の死亡時の住所地の家庭裁判所です。

裁判所の管轄はこちら(リンク先は裁判所HPです)

必要書類は次のとおりです(必要書類の詳細については、各裁判所にお問い合わせください)。

  • 照会申請書(各裁判所備え付けのもの。裁判所によっては、HPからダウンロードもできます)
  • 被相続人等目録(各裁判所備え付けのもの。裁判所によっては、HPからダウンロードもできます)
  • 被相続人の住民票の除票(本籍地が表示されているもの)
  • 照会者と被相続人の発行から3か月以内の戸籍謄本(照会者と被相続人との関係がわかる戸籍謄本)
  • 照会者の住民票(本籍地が表示されているもの)
  • 返信用封筒と返信用切手

なお、照会料は無料です。

この照会で先順位相続人の相続放棄の有無が確認できたら、次の手順に進みましょう。

2.あなたの相続放棄の申述期間を確認しましょう

あなたの相続放棄の申述期間を確認しましょう

次に、相続放棄の申述期間を確認します。相続放棄の申述期間は、自己のために相続の開始があったことを知った時から「3ヶ月」以内です。

民法915条(相続の承認または放棄をすべき期間)

1.相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3箇月以内に、相続について、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。ただし、この期間は、利害関係人又は検察官の請求によって、家庭裁判所において伸長することができる。

(2項略)

もし、あなたが債権者からの通知で自分が相続人になったことを知ったのなら、その通知が来た日から3ヶ月間が相続放棄の申述期間ということになります。相続放棄の手続きを進める前に、この期間をきちんと確認しておきましょう。

なお、家庭裁判所に請求をすることで、この期間が伸長できることも覚えておきましょう。

相続放棄の申述期間については、こちら↓の記事が参考になります。

相続放棄の期間は3ヶ月-具体的な期間計算の方法

2018.04.08

3.相続放棄をしましょう

最後に相続放棄をすれば、被相続人の借金の引き継ぎを回避することができます。もし、債権者から問い合わせがきても、相続放棄をしていれば返済を迫られるようなことはありません。

相続放棄の方法は、先順位の相続人に聞きながら手続きを進めていけばよいでしょう。もし、先順位の相続人と連絡がとれないようなら、こちら↓の記事を参考に手続きを進めてみてください。

相続放棄手続きの流れ-7つの手順で完了します

2018.04.08

4.まとめ

POINT
  1. 先順位の相続人の相続放棄の有無は、家庭裁判所へ「相続放棄の有無照会」をすることで確認する。
  2. 相続放棄の申述期間は、自己のために相続の開始があったことを知った時から「3ヶ月」以内。この期間は、家庭裁判所に請求をすることで伸長することができる。
  3. 相続放棄をすれば、被相続人の借金の引き継ぎを回避することができる。

ある日突然、債権者からの通知が来たら驚くこともあるでしょう。しかし、ここに書かれているような適切な手続きをとれば、あなたが不利益を受けるようなことはありません。

ここでの記事が、あなたの参考になれば幸いです。

この記事が役に立ったらシェアをお願いします


遺産相続のお悩みは解決できましたか?

当事務所では、相続・遺言に関する手続きをすべてサポートいたします。ご自身での手続きに不安があるようでしたら、当事務所までご相談ください。

必ずあなたの力になります。


遺産相続おまかせパック

遺産相続おまかせパック

書類作成・書類収集・預貯金の解約・不動産の名義変更など、相続手続きに必要な各種の手続きをパックにしたサービスです。

「遺産相続の全部をおまかせしたい…」

「忙しくて自分で手続きをする時間がない…」

「自分で手続をするのは不安が残る…」

と思っている方へ。



相続放棄トータルサポート

相続放棄サポート

無料相談、出張相談、書類の取得、書類の作成、相続放棄申述書の作成、照会書の記入アドバイス、…など、相続放棄に必要な手続きをトータルにサポート。

安心の完全成功報酬制です。相続放棄できなかった場合には、料金はいただきません。(ただし、相続放棄の申述が受理される見込みのある方に限ります)



遺言作成トータルサポート

遺言が偽造されていた場合

法的に効力のある、しっかりとした遺言を書きたい!と思っている方へ。

無料相談、出張相談、書類の取得、書類の作成、遺言内容のアドバイス、遺言書下書きの作成、公証人役場との調整、公証人役場での立ち合い…などが含まれています。

自筆証書遺言と公正証書遺言の2種類に対応。


成年後見トータルサポート

成年後見サポート

成年後見制度の利用をご検討中の方へ。

ご相談から審判の確定まで、成年後見制度の利用に必要な手続きをトータルにサポート。

法定後見と任意後見契約の2種類に対応。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

みな司法書士法人 川上直也

司法書士になる前は、特別養護老人ホームで介護の仕事をしていました。私は、実際にお年寄りが法律の問題でお悩みになっている姿を身近で見て、誰もが気軽に相談できる、心に寄り添う法律の専門家が必要だと感じるようになりました。こうした思いから司法書士になり、当事務所を立ち上げるに至ります。ご相談は、お気軽にどうぞ。