成年後見制度を利用していた人の相続はどうなる?

笑顔の老夫婦

ABOUTこの記事をかいた人

みな司法書士法人 川上直也

司法書士になる前は、特別養護老人ホームで介護の仕事をしていました。私は、実際にお年寄りが法律の問題でお悩みになっている姿を身近で見て、誰もが気軽に相談できる、心に寄り添う法律の専門家が必要だと感じるようになりました。こうした思いから司法書士になり、当事務所を立ち上げるに至ります。ご相談は、お気軽にどうぞ。

たまに、成年後見制度を利用されている方の相続人から、「本人死亡後の相続手続きはどうなるのですか」という質問を受けることがあります。

被後見人である本人の財産は後見人が管理していますので、「この管理はいつまで続くのか」、「相続手続きは適切にとってもらえるのか」など、ご不安に思われての質問なのでしょう。

もし、あなたもこのような疑問をお持ちでしたら、特に心配する必要はありません。成年後見制度には、本人死亡後の手続きがきちんと規定されており、本人の遺産は最終的に相続人の手に渡るようになっています。

ここでは、成年後見制度を利用していた方の相続手続きについてご説明していきます。

成年後見制度は本人の死亡により終了する

成年後見制度は、本人の死亡により終了します。そして、相続手続きは次のような流れにより進んで行きます。

  1. 本人が死亡したことを家庭裁判所に報告、終了の登記を申請する
  2. 後見制度利用中の管理の計算をする
  3. 相続人へ財産を引き渡す

次項以下で詳しくみていきましょう。

① 家庭裁判所への報告と後見終了の登記

後見人は、本人が死亡した事実を速やかに家庭裁判所へ報告し、法務局へ後見終了の登記を申請します。

② 後見制度利用中の管理の計算

後見人は、本人の死亡後2ヶ月以内に、後見制度利用中の管理の計算をし、家庭裁判所へ報告します。

この管理の計算とは、

  1. 後見制度利用中の収支報告
  2. 現在の財産額の確定

の2点となります。

民法第870条(後見の計算)

後見人の任務が終了したときは、後見人又はその相続人は、二箇月以内にその管理の計算(以下「後見の計算」という。)をしなければならない。ただし、この期間は、家庭裁判所において伸長することができる。

③ 相続人へ財産を引き渡す

後見人の管理の計算が完了した後は、相続人代表者へ財産を引き渡し、後見人としての業務は終了します。

なお、このとき後見人は、相続人同士の争いに巻き込まれることを防ぐため、代表者に財産を引き渡すことについての同意書を全相続人からいただくことがあります。

まとめ

以上が、成年後見制度を利用されていた方の相続手続きの流れになります。

財産関係が複雑だった場合は、管理の計算に少し時間がかかってしまうこともありますが、本人の遺産は最終的に相続人の手に渡るようになっていますので、特に心配する必要もないでしょう。

ここでの記事が、あなたの参考になれば幸いです。

この記事が役に立ったらシェアをお願いします


遺産相続のお悩みは解決できましたか?

当事務所では、相続・遺言に関する手続きをすべてサポートいたします。ご自身での手続きに不安があるようでしたら、当事務所までご相談ください。

必ずあなたの力になります。


遺産相続おまかせパック

遺産相続おまかせパック

書類作成・書類収集・預貯金の解約・不動産の名義変更など、相続手続きに必要な各種の手続きをパックにしたサービスです。

「遺産相続の全部をおまかせしたい…」

「忙しくて自分で手続きをする時間がない…」

「自分で手続をするのは不安が残る…」

と思っている方へ。



相続放棄トータルサポート

相続放棄サポート

無料相談、出張相談、書類の取得、書類の作成、相続放棄申述書の作成、照会書の記入アドバイス、…など、相続放棄に必要な手続きをトータルにサポート。

安心の完全成功報酬制です。相続放棄できなかった場合には、料金はいただきません。(ただし、相続放棄の申述が受理される見込みのある方に限ります)



遺言作成トータルサポート

遺言が偽造されていた場合

法的に効力のある、しっかりとした遺言を書きたい!と思っている方へ。

無料相談、出張相談、書類の取得、書類の作成、遺言内容のアドバイス、遺言書下書きの作成、公証人役場との調整、公証人役場での立ち合い…などが含まれています。

自筆証書遺言と公正証書遺言の2種類に対応。


成年後見トータルサポート

成年後見サポート

成年後見制度の利用をご検討中の方へ。

ご相談から審判の確定まで、成年後見制度の利用に必要な手続きをトータルにサポート。

法定後見と任意後見契約の2種類に対応。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

みな司法書士法人 川上直也

司法書士になる前は、特別養護老人ホームで介護の仕事をしていました。私は、実際にお年寄りが法律の問題でお悩みになっている姿を身近で見て、誰もが気軽に相談できる、心に寄り添う法律の専門家が必要だと感じるようになりました。こうした思いから司法書士になり、当事務所を立ち上げるに至ります。ご相談は、お気軽にどうぞ。