成年後見人にできること・できないこと

木の上に座る子供と祖母

ABOUTこの記事をかいた人

みな司法書士法人 川上直也

司法書士になる前は、特別養護老人ホームで介護の仕事をしていました。私は、実際にお年寄りが法律の問題でお悩みになっている姿を身近で見て、誰もが気軽に相談できる、心に寄り添う法律の専門家が必要だと感じるようになりました。こうした思いから司法書士になり、当事務所を立ち上げるに至ります。ご相談は、お気軽にどうぞ。

「成年後見制度」という言葉は聞いたことがあるけれど、後見人は具体的になにをしてくれる人なの?と、疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

ここでは、成年後見人にできること・できないことについてご説明しています。

ここでは、親族以外の人が後見人につく場合を想定してご説明しています。親族が後見人につく場合は、本人の介護や家の掃除などの事実行為を行うことに、なんら制限はありません。

1.成年後見人にできること

1-1.身上監護

身上監護とは、本人が安心して暮らすための各種の契約を締結することです。

具体的には、

  1. 住居の確保(アパートとの賃貸借契約など)
  2. 介護保険に関する契約
  3. 施設との入退所契約
  4. 医療に関する契約

などに関する事務を行います。

これらの事務は、あくまで後見人が本人に代わって契約を締結する「法律行為」として行うものです。後見人自身が、実際に介護や看護などの事実行為を行うものではありません。

もっとも、月に1度本人宅を訪問したり、入院中の本人の様子を見に行ったり、本人の入所に適した施設を探しに各種施設を見学したりと、「身上監護に関する契約のために必要な事実行為」は、後見人として当然に行うことになります。

1-2.不要な契約の取消し

成年後見人には、本人のした不要な契約を取り消す権限があります。

たとえば、

  1. 訪問販売による不必要なリフォーム契約
  2. 他人の保証人になる契約

などは、取り消しの対象となります。

なお、日用品の購入などは取り消しの対象とはなりません。

2.成年後見人にできないこと

成年後見にできないこと

2-1.事実行為

前述していますが、後見人自身が、実際に介護や看護などの「事実行為」を行うことはできません。

事実行為とは、具体的には、

  1. 本人の介護・看護をすること
  2. 本人の家の掃除をすること
  3. 本人と一緒に買い物に行くこと

などがあげられます。

後見人は、本人がこれらの行為を必要としていたら、それに関する「法律行為=契約」をすることで、本人が安心して暮らせるように配慮していきます。

たとえば、本人が介護を必要としていたら、

  1. 後見人は介護保険に関する申請をし
  2. ケアマネジャーと契約をし
  3. 本人にとって適切な介護計画をケアマネジャーの助言とともに立案し
  4. 各種介護サービス事業者と契約を締結

することなります。

ほかに、本人の家の掃除が必要な状況にあったら、ハウスクリーニング業者等との契約を締結し、本人の生活を守ります。

2-2.医療行為に関する同意

成年後見にできないこと

大きな手術などの医療行為をする際には、原則として本人の同意が必要とされていますが、成年後見人は、この医療同意を本人に代わってすることはできません。

医療行為に関して本人の同意が取れない場合は、本人の親族に同意をしていただくことになります。

2−3.身元引受人・保証人になること

本人が施設に入所する際に、身元引受人や保証人を求められることがありますが、成年後見人は、身元引受人や保証人となることはできません。

施設としては、利用料の未払いがあった際の支払先や、本人が退去する際の身元の引受先を確保しておきたいとの意向があるため、成年後見人にこうした対応を求める傾向にあります。

このような場合、成年後見人は本人の財産を管理する義務があるため、施設利用料は滞りなく支払われること、本人の居住地の確保するため、退去後に入所する施設等を探すこと、などを施設側に説明し、理解を求めることになります。

3.まとめ

POINT

★成年後見人にできること

  1. 身上監護・・・本人の生活・介護・医療に関する各種契約、など
  2. 財産管理・・・預貯金・不動産・年金・各種税金の支払い、など
  3. 不要な契約の取消し

★成年後見人にできないこと

  1. 事実行為・・・本人の介護・病院への付きそい・家の掃除、など
  2. 本人の医療行為に対する同意
  3. 身元引受人・保証人になること

ここでは、成年後見人にできること・できないことを見てきましたが、いかがだったでしょうか。

成年後見人の仕事の範囲を確認する際の、参考にしていただけると幸いです。

この記事が役に立ったらシェアをお願いします


遺産相続のお悩みは解決できましたか?

当事務所では、相続・遺言に関する手続きをすべてサポートいたします。ご自身での手続きに不安があるようでしたら、当事務所までご相談ください。

必ずあなたの力になります。


遺産相続おまかせパック

遺産相続おまかせパック

書類作成・書類収集・預貯金の解約・不動産の名義変更など、相続手続きに必要な各種の手続きをパックにしたサービスです。

「遺産相続の全部をおまかせしたい…」

「忙しくて自分で手続きをする時間がない…」

「自分で手続をするのは不安が残る…」

と思っている方へ。



相続放棄トータルサポート

相続放棄サポート

無料相談、出張相談、書類の取得、書類の作成、相続放棄申述書の作成、照会書の記入アドバイス、…など、相続放棄に必要な手続きをトータルにサポート。

安心の完全成功報酬制です。相続放棄できなかった場合には、料金はいただきません。(ただし、相続放棄の申述が受理される見込みのある方に限ります)



遺言作成トータルサポート

遺言が偽造されていた場合

法的に効力のある、しっかりとした遺言を書きたい!と思っている方へ。

無料相談、出張相談、書類の取得、書類の作成、遺言内容のアドバイス、遺言書下書きの作成、公証人役場との調整、公証人役場での立ち合い…などが含まれています。

自筆証書遺言と公正証書遺言の2種類に対応。


成年後見トータルサポート

成年後見サポート

成年後見制度の利用をご検討中の方へ。

ご相談から審判の確定まで、成年後見制度の利用に必要な手続きをトータルにサポート。

法定後見と任意後見契約の2種類に対応。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

みな司法書士法人 川上直也

司法書士になる前は、特別養護老人ホームで介護の仕事をしていました。私は、実際にお年寄りが法律の問題でお悩みになっている姿を身近で見て、誰もが気軽に相談できる、心に寄り添う法律の専門家が必要だと感じるようになりました。こうした思いから司法書士になり、当事務所を立ち上げるに至ります。ご相談は、お気軽にどうぞ。