公正証書遺言の作成方法と費用の詳細

インテリアと黄色い花

ABOUTこの記事をかいた人

みな司法書士法人 川上直也

司法書士になる前は、特別養護老人ホームで介護の仕事をしていました。私は、実際にお年寄りが法律の問題でお悩みになっている姿を身近で見て、誰もが気軽に相談できる、心に寄り添う法律の専門家が必要だと感じるようになりました。こうした思いから司法書士になり、当事務所を立ち上げるに至ります。ご相談は、お気軽にどうぞ。

公正証書遺言とは、公証人に作成してもらう遺言のことです。確実性という点では、もっとも優れた種類の遺言といえます。

ここでは、公正証書遺言の作成方法についてご説明していきます。

1.公正証書遺言の特徴

公正証書遺言は、公証人役場に在籍している公証人に作成してもらいます。公証人は法律の専門家ですので、法的な効力として十分に信頼のおける遺言を作成してもらうことができます。

2.公正証書遺言の作成方法

公正証書遺言の作成方法は、次の法律に定められています。

民法969条(公正証書遺言)

公正証書によって遺言をするには、次に掲げる方式に従わなければならない。

一 証人2人以上の立会いがあること。

二 遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授すること。

三 公証人が、遺言者の口述を筆記し、これを遺言者及び証人に読み聞かせ、又は閲覧させること。

四 遺言者及び証人が、筆記の正確なことを承認した後、各自これに署名し、印を押すこと。ただし、遺言者が署名することができない場合は、公証人がその事由を付記して、署名に代えることができる。

五 公証人が、その証書は前各号に掲げる方式に従って作ったものである旨を付記して、これに署名し、印を押すこと。

具体的には次のような手順となります。

  1. 遺言者が、公証人の目の前で遺言の内容を公証人に口頭で伝える
  2. 公証人は、1の内容を文章にまとめ、公正証書遺言として作成する
  3. 公証人は、2の内容を遺言者に読み聞かせる
  4. 遺言者と証人は、公証人の作成した遺言の内容に間違いがなければ、遺言に署名・捺印する

なお、立ち合いに証人2人が必要です。

こうして作成された公正証書遺言は、公証人役場で保管してもらえますので、紛失や偽造といった心配がありません。

自筆証書遺言は全文を自書する必要があるため、高齢等で体力が弱ってきたときに作成が困難になってしまいますが、公正証書遺言はこのような場合でも、公証人に依頼して遺言を作成することができます。なお、病気等で公証人役場まで出向くことが困難な場合は、公証人が病院等へ出張して遺言を作成することもできます。

また、公正証書遺言は、相続手続きの中で裁判所での「検認」という手続きを経る必要がありません。

3.公正証書遺言にかかる費用

公正証書遺言の作成には、公証人に支払う手数料が発生します。

(以下日本公証人連合会HPより引用)

目的財産の価額 手数料の額
100万円まで 5,000円
200万円まで 7,000円
500万円まで 11,000円
1000万円まで 17,000円
3000万円まで 23,000円
5000万円まで 29,000円
1億円まで 43,000円

1億円を超える部分については

1億円を超え3億円まで 5000万円毎に13,000円
3億円を超え10億円まで 5000万円毎に11,000円
10億円を超える部分 5000万円毎に8,000円
  • 財産の相続又は遺贈を受ける人ごとにその財産の価額を算出し、これを上記基準表に当てはめて、その価額に対応する手数料額を求め、これらの手数料額を合算して、当該遺言全体の手数料を算出します。
  • 遺言加算といって、全体の財産が1億円以下のときは、上記1によって算出された手数料額に、1万1,000円が加算されます。
  • さらに、遺言は、通常、原本、正本、謄本を各1部作成し、原本は法律に基づき役場で保管し、正本と謄本は遺言者に交付しますが、原本についてはその枚数が法務省令で定める枚数の計算方法により4枚(法務省令で定める横書の証書にあっては、3枚)を超えるときは、超える1枚ごとに250円の手数料が加算され、また、正本と謄本の交付にも1枚につき250円の割合の手数料が必要となります。
  • 遺言者が病気又は高齢等のために体力が弱り公証役場に赴くことができず、公証人が、病院、ご自宅、老人ホーム等に赴いて公正証書を作成する場合には、上記①の手数料が50%加算されるほか、公証人の日当と現地までの交通費がかかります。

4.遺言文例

遺言文例は、次のようなものになります。ご参考までに。

遺言書

1 遺言者は、遺言者の所有する下記不動産を、妻A(昭和◯◯年◯月◯日生)に相続させる。

(1)土地

所在:  静岡県◯◯市◯◯区◯丁目

地番:  12番34

地目:  宅地

地籍:  100平方メートル

(2)自宅

所在:  静岡県◯◯市◯◯区◯丁目12番地34

家屋番号:12番34号

種類:  居宅

構造:  木造瓦葺2階建

床面積: 1階100平方メートル

2階80平方メートル

 

2 遺言者は、下記銀行に対する遺言者名義の預金債権を、長女B(昭和◯◯年◯月◯日生)に相続させる。

(1)◯◯銀行 ◯◯支店 口座番号12345

(2)◯◯銀行 ◯◯支店 口座番号98765

 

3 遺言者は、その他遺言者に属する一切の財産を、長男C(昭和◯◯年◯月◯日生)に相続させる。

 

平成◯◯年◯月◯日

住所 静岡県◯◯市◯◯区12番地34

遺言者 D

5.遺言の種類の中でおすすめは公正証書遺言

ここでは、公正証書遺言の作成方法について見てきましたが、いかがだったでしょうか。

遺言を残す大きな理由の一つに、「円滑に相続手続きを進めたい」といった理由があります。公正書遺言なら、後日の相続に備えて法的に効力のある確実な遺言を残しておくことができるでしょう。

あなたが遺言を残すことをお考えでしたら、公正証書遺言での作成がおすすめです。

この記事が役に立ったらシェアをお願いします


遺産相続のお悩みは解決できましたか?

当事務所では、相続・遺言に関する手続きをすべてサポートいたします。ご自身での手続きに不安があるようでしたら、当事務所までご相談ください。

必ずあなたの力になります。


遺産相続おまかせパック

遺産相続おまかせパック

書類作成・書類収集・預貯金の解約・不動産の名義変更など、相続手続きに必要な各種の手続きをパックにしたサービスです。

「遺産相続の全部をおまかせしたい…」

「忙しくて自分で手続きをする時間がない…」

「自分で手続をするのは不安が残る…」

と思っている方へ。



相続放棄トータルサポート

相続放棄サポート

無料相談、出張相談、書類の取得、書類の作成、相続放棄申述書の作成、照会書の記入アドバイス、…など、相続放棄に必要な手続きをトータルにサポート。

安心の完全成功報酬制です。相続放棄できなかった場合には、料金はいただきません。(ただし、相続放棄の申述が受理される見込みのある方に限ります)



遺言作成トータルサポート

遺言が偽造されていた場合

法的に効力のある、しっかりとした遺言を書きたい!と思っている方へ。

無料相談、出張相談、書類の取得、書類の作成、遺言内容のアドバイス、遺言書下書きの作成、公証人役場との調整、公証人役場での立ち合い…などが含まれています。

自筆証書遺言と公正証書遺言の2種類に対応。


成年後見トータルサポート

成年後見サポート

成年後見制度の利用をご検討中の方へ。

ご相談から審判の確定まで、成年後見制度の利用に必要な手続きをトータルにサポート。

法定後見と任意後見契約の2種類に対応。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

みな司法書士法人 川上直也

司法書士になる前は、特別養護老人ホームで介護の仕事をしていました。私は、実際にお年寄りが法律の問題でお悩みになっている姿を身近で見て、誰もが気軽に相談できる、心に寄り添う法律の専門家が必要だと感じるようになりました。こうした思いから司法書士になり、当事務所を立ち上げるに至ります。ご相談は、お気軽にどうぞ。