遺言を書き直したい場合はどうする?

テーブルとノートとメガネ

ABOUTこの記事をかいた人

みな司法書士法人 川上直也

司法書士になる前は、特別養護老人ホームで介護の仕事をしていました。私は、実際にお年寄りが法律の問題でお悩みになっている姿を身近で見て、誰もが気軽に相談できる、心に寄り添う法律の専門家が必要だと感じるようになりました。こうした思いから司法書士になり、当事務所を立ち上げるに至ります。ご相談は、お気軽にどうぞ。

人の気持ちは変わるもの。一旦遺言を書いてみたけどやっぱり書き直したい…と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、遺言の書き直しとその方法についてご説明していきます。

1.遺言の方式にしたがって撤回

遺言を書き直すことを法律の用語で「遺言の撤回」といいます。遺言の撤回については、次の条文に規定されています。

民法第1022条(遺言の撤回)

遺言者は、いつでも、遺言の方式に従って、その遺言の全部又は一部を撤回することができる。

ここに書かれているとおり、遺言を書いた人は、いつでも自由に遺言を変更、撤回することができます。

遺言を撤回する方法は「遺言の方式にしたがって」行います。「遺言の方式にしたがって」とは、「自筆証書遺言や公正証書を作成するのと同じ方法で行ってくださいね」という意味です。

なお、撤回をする遺言は前に作った遺言と同じ種類にする必要はありません。つまり、公正証書遺言を自筆証書遺言で撤回することもできますし、その逆も可能です。

具体的には次のような文言を、新たに作成する遺言に入れておきます。

第◯条 遺言者は、平成◯年◯月◯日付で作成した自筆証書遺言を全部撤回する。

2.前の遺言と後の遺言の内容が抵触した部分

前に書いた遺言と抵触した場合

前の遺言と後の遺言で内容の抵触する部分がある場合、後の遺言の効力が優先します。

民法第1023条(前の遺言と後の遺言との抵触等)

1.前の遺言が後の遺言と抵触するときは、その抵触する部分については、後の遺言で前の遺言を撤回したものとみなす。

2.前項の規定は、遺言が遺言後の生前処分その他の法律行為と抵触する場合について準用する。

まず1項を見てみます。ここには、「その抵触する部分については、後の遺言で前の遺言を撤回したものとみなす」と書かれていますね。これは、「前の遺言と後の遺言で内容の同じ部分があった場合は、後の遺言の効力が優先しますよ」という意味です。

後の遺言が優先するのは、「前の遺言と内容が同じ部分だけ」なことに注意しましょう。内容の異なる部分は、依然として前の遺言が効力を持ちます。

具体例は次のようになります。

  • 前の遺言
    1.甲土地をAに譲る。
    2.乙土地をBに譲る。
  • 後の遺言
    1.甲土地をCに譲る。

この例では、前の遺言と後の遺言で内容の同じ部分は、甲土地の部分だけですよね。したがって、甲土地については、後の遺言が優先するためCに譲ることになります。一方、乙土地については前の遺言が効力を持ちますので、そのままBに譲ることになります。

次に2項を見てみます。ここには、「遺言後の生前処分その他の法律行為と抵触する場合について準用する」と書かれていますね。生前処分とは売買などの行為を指します。

たとえば、遺言に「甲土地をAに譲る」と記載した後、生前に甲土地をBに売却してしまえば、「甲土地をAに譲る」と書いた部分は撤回したものとみなされます。

3.遺言・目的物の破棄

遺言を故意に破棄した場合も、遺言は撤回したものとみなされます。

第1024条(遺言書又は遺贈の目的物の破棄)

遺言者が故意に遺言書を破棄したときは、その破棄した部分については、遺言を撤回したものとみなす。遺言者が故意に遺贈の目的物を破棄したときも、同様とする。

自筆証書遺言の場合は、遺言者が保管している遺言書を破棄するだけで撤回したものとみなされます。

これに対して、公正証書遺言の場合は、遺言書の原本は公証人役場で保管されていますので、手元にある遺言書を破棄しても撤回したことにはなりません。公正証書遺言を撤回したい場合は、前述した遺言の方式にしたがって撤回されることをおすすめします。

4.遺言の撤回まとめ

遺言の撤回について次の4点にまとめておきます。

POINT
  • 遺言を書いた人は、いつでも自由に遺言を変更、撤回することができる
  • 遺言を撤回する方法は、「遺言の方式にしたがって」行う
  • 前の遺言が後の遺言と抵触するときは、その抵触する部分については、後の遺言で前の遺言を撤回したものとみなされる
  • 遺言を故意に破棄した場合も、遺言は撤回したものとみなされる

以上見てきたように、一旦書いてしまった遺言でも、簡単に撤回や書き直しをすることができます。遺言を書こうかどうか迷われている方は、これらの撤回方法があることを知ったうえで、まずは気軽に作成されてみてはいかがでしょうか。

この記事が役に立ったらシェアをお願いします


遺産相続のお悩みは解決できましたか?

当事務所では、相続・遺言に関する手続きをすべてサポートいたします。ご自身での手続きに不安があるようでしたら、当事務所までご相談ください。

必ずあなたの力になります。


遺産相続おまかせパック

遺産相続おまかせパック

書類作成・書類収集・預貯金の解約・不動産の名義変更など、相続手続きに必要な各種の手続きをパックにしたサービスです。

「遺産相続の全部をおまかせしたい…」

「忙しくて自分で手続きをする時間がない…」

「自分で手続をするのは不安が残る…」

と思っている方へ。



相続放棄トータルサポート

相続放棄サポート

無料相談、出張相談、書類の取得、書類の作成、相続放棄申述書の作成、照会書の記入アドバイス、…など、相続放棄に必要な手続きをトータルにサポート。

安心の完全成功報酬制です。相続放棄できなかった場合には、料金はいただきません。(ただし、相続放棄の申述が受理される見込みのある方に限ります)



遺言作成トータルサポート

遺言が偽造されていた場合

法的に効力のある、しっかりとした遺言を書きたい!と思っている方へ。

無料相談、出張相談、書類の取得、書類の作成、遺言内容のアドバイス、遺言書下書きの作成、公証人役場との調整、公証人役場での立ち合い…などが含まれています。

自筆証書遺言と公正証書遺言の2種類に対応。


成年後見トータルサポート

成年後見サポート

成年後見制度の利用をご検討中の方へ。

ご相談から審判の確定まで、成年後見制度の利用に必要な手続きをトータルにサポート。

法定後見と任意後見契約の2種類に対応。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

みな司法書士法人 川上直也

司法書士になる前は、特別養護老人ホームで介護の仕事をしていました。私は、実際にお年寄りが法律の問題でお悩みになっている姿を身近で見て、誰もが気軽に相談できる、心に寄り添う法律の専門家が必要だと感じるようになりました。こうした思いから司法書士になり、当事務所を立ち上げるに至ります。ご相談は、お気軽にどうぞ。