預貯金の相続手続きをスムーズに進める方法

貯金箱

ABOUTこの記事をかいた人

みな司法書士法人 川上直也

司法書士になる前は、特別養護老人ホームで介護の仕事をしていました。私は、実際にお年寄りが法律の問題でお悩みになっている姿を身近で見て、誰もが気軽に相談できる、心に寄り添う法律の専門家が必要だと感じるようになりました。こうした思いから司法書士になり、当事務所を立ち上げるに至ります。ご相談は、お気軽にどうぞ。

預貯金の口座名義人が亡くなった場合には、相続手続きをする必要があります。手続きの詳細は各金融機関によって異なりますが、大筋では一致しています。

ここでは、預貯金の相続手続きについてご説明していきます。

1.預貯金の相続手続きの概要

預貯金の相続手続きの大まかな流れは、次のとおりです。

  1. 金融機関が被相続人(亡くなった人)の死亡を確認
    →被相続人の預貯金の口座が凍結される
  2. 預貯金の相続に必要な書類を収集・作成
    →①被相続人の死亡を証明する戸籍謄本、②相続人を証明する戸籍謄本、③遺産の分け方を証明する書類、④相続人全員の印鑑証明書、の4点が必要になる
  3. 遺言がある場合
    →遺言の内容にしたがって各相続人に預貯金の払い戻しをしていく
  4. 遺言がない場合
    →遺産分割協議書の内容にしたがって各相続人に預貯金の払い戻しをしていく
  5. 遺言も遺産分割協議書もない場合
    →法定相続分にしたがって預貯金の払い戻しをしていく(金融機関によっては、遺産分割協議書がなければ払い戻しに応じないところがある)

以上の手順で預貯金の相続手続きは進んでいきます。次項以下で具体的な手続きみていきましょう。

2.預貯金の口座の凍結

金融機関が口座名義人の死亡の事実を知った場合は、その口座を凍結します。口座が凍結されると、預貯金の払い戻しができなくなります。

こうなると困ってしまうのが公共料金などの引き落とし。もし、被相続人の口座が引き落とし口座に設定されていたら、引き落とし口座の変更手続きをしておきましょう。

2−1.なぜ金融機関は口座を凍結するのか

たまに口座を凍結した金融機関に不満を訴える方もいらっしゃいます。ここで少し、なぜ口座の凍結が必要なのかを金融機関側の視点から考えてみましょう。

たとえば、相続人の一人が金融機関に行って「私は相続人です。とりあえず私の口座に預貯金を引き継いでください」と戸籍謄本で相続人であることを証明しても、金融機関は払い戻しに応じられません。なぜなら金融機関は、「だれに」「いくら」払い戻せばよいのかを確認したいからです。

「だれに」「いくら」払い戻せばよいのかは、相続人全員で合意した「遺産分割協議」によって決まります(または遺言で決まることもあります)。しかし、被相続人死亡の事実と相続人が分かっただけでは、「だれに」「いくら」払い戻せばよいのか金融機関には分かりません。

預貯金を相続しない人に誤って払い戻しをしてしまうと、金融機関は責任を問われることになってしまいます。こうした事態を防ぐために、金融機関は「遺産分割協議書」の提出を求めて「だれに」「いくら」払い戻せばよいのかを確認しているのです。

したがって、できるだけ早く口座の凍結を解除して預貯金を払い戻すには、遺産分割協議を成立させる必要があります。

遺産分割協議については、こちら↓で解説しています。

遺産相続の最重要ポイント-遺産分割協議の知識と進め方

2017.06.25

3.相続手続きのために必要な書類の収集

預貯金の相続に必要な書類

相続手続きのために必要な書類は概ね次のようになります。

  • 被相続人の出生から死亡までの戸籍(除籍)謄本
  • 各相続人の戸籍謄本
  • 遺産の分け方を証明する書類
    • 遺言がある場合→遺言
    • 遺言がない場合→遺産分割協議書
  • 相続人全員の印鑑証明書
実際に手続きをする際には、各金融機関に確認しておきましょう。

4.預貯金の相続手続きについてまとめ

預貯金の相続手続きについて、次の3点にまとめておきます。

  • 預貯金の相続手続きは各金融機関によって異なるが、大筋では一致している
  • 金融機関が被相続人死亡の事実を知ると口座を凍結する
  • 金融機関の相続関係書類は、①各金融機関の相続手続き書類、②被相続人の死亡の事実を証明する戸籍謄本、③相続人全員を証明する戸籍謄本、④遺産の分け方を証明する書類、⑤相続人全員の印鑑証明書、が必要になる

ここでは、預貯金の相続手続きについて見てきましたが、いかがだったでしょうか。

ポイントは、預貯金の分け方を金融機関にしっかり示すことです。遺産分割協議書などをきちんと作成していれば、手続きはスムーズに進むでしょう。

この記事が役に立ったらシェアをお願いします


遺産相続のお悩みは解決できましたか?

当事務所では、相続・遺言に関する手続きをすべてサポートいたします。ご自身での手続きに不安があるようでしたら、当事務所までご相談ください。

必ずあなたの力になります。


遺産相続おまかせパック

遺産相続おまかせパック

書類作成・書類収集・預貯金の解約・不動産の名義変更など、相続手続きに必要な各種の手続きをパックにしたサービスです。

「遺産相続の全部をおまかせしたい…」

「忙しくて自分で手続きをする時間がない…」

「自分で手続をするのは不安が残る…」

と思っている方へ。



相続放棄トータルサポート

相続放棄サポート

無料相談、出張相談、書類の取得、書類の作成、相続放棄申述書の作成、照会書の記入アドバイス、…など、相続放棄に必要な手続きをトータルにサポート。

安心の完全成功報酬制です。相続放棄できなかった場合には、料金はいただきません。(ただし、相続放棄の申述が受理される見込みのある方に限ります)



遺言作成トータルサポート

遺言が偽造されていた場合

法的に効力のある、しっかりとした遺言を書きたい!と思っている方へ。

無料相談、出張相談、書類の取得、書類の作成、遺言内容のアドバイス、遺言書下書きの作成、公証人役場との調整、公証人役場での立ち合い…などが含まれています。

自筆証書遺言と公正証書遺言の2種類に対応。


成年後見トータルサポート

成年後見サポート

成年後見制度の利用をご検討中の方へ。

ご相談から審判の確定まで、成年後見制度の利用に必要な手続きをトータルにサポート。

法定後見と任意後見契約の2種類に対応。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

みな司法書士法人 川上直也

司法書士になる前は、特別養護老人ホームで介護の仕事をしていました。私は、実際にお年寄りが法律の問題でお悩みになっている姿を身近で見て、誰もが気軽に相談できる、心に寄り添う法律の専門家が必要だと感じるようになりました。こうした思いから司法書士になり、当事務所を立ち上げるに至ります。ご相談は、お気軽にどうぞ。