相続人の中に未成年の子がいるため、特別代理人を選任して遺産分割協議を成立させたケース

未成年の子がいるため、特別代理人を選任して遺産分割協議

ABOUTこの記事をかいた人

みな司法書士法人 川上直也

司法書士になる前は、特別養護老人ホームで介護の仕事をしていました。私は、実際にお年寄りが法律の問題でお悩みになっている姿を身近で見て、誰もが気軽に相談できる、心に寄り添う法律の専門家が必要だと感じるようになりました。こうした思いから司法書士になり、当事務所を立ち上げるに至ります。ご相談は、お気軽にどうぞ。

相続時の状況

亡きご主人の相続人は、妻のAさん、13歳の子、10歳の子の3名でした。相続財産はご自宅といくらかの預貯金があり、残り15年の住宅ローンも残っています。

亡きご主人の遺産はすべてAさんが取得し、未成年の子の養育費や教育費のために、これらの遺産を使っていきたいというのがAさんの希望でした。

当事務所のご提案

親権者と未成年の子が遺産分割協議をするためには、裁判所に特別代理人の選任を申し立てなければなりません。そして、本件のように、未成年者の法定相続分を大きく下回るような遺産分割協議を成立させるためには、「相当な理由」を記載した上申書を裁判所へ提出する必要があります。

このような事情で選任された特別代理人と遺産分割協議を成立させ、その後に、不動産、預貯金の名義変更、残りの住宅ローンの処理をしていくという案をご提案しました。

ご依頼の結果

司法書士

特別代理人は無事選任され、遺産分割協議も冒頭の案でまとまりました。

そして、不動産の名義変更と預貯金の解約手続きも滞りなく終えることができました。住宅ローンは、団体信用生命保険の適用により残った借入金は無くなる(0になる)ため、その抵当権の抹消登記を申請し、遺産相続の手続きを終えました。

ポイント

未成年者と親権者の遺産分割協議

前述していますが、未成年者と親権者が共同相続人となって遺産分割協議を行うためには特別代理人の選任が必要です。

特別代理人については、こちら↓の記事が参考になります。

未成年者と遺産分割協議をする方法

2017.07.02

住宅ローンの相続

住宅ローンも相続される財産の対象です。しかし、住宅ローンを組んだ際に団体信用生命保険に加入していれば、残ったローンは保険会社が代わりに支払ってくれることになります。

本件のAさんはこの団体信用生命保険の適用があったため、残った住宅ローンは0になり、もう支払う必要がなくなりました。

現在、住宅ローンを組む際には、ほとんどの人がこの保険に加入しているはずですので、気になる人はローンを組んだ金融機関に確認しておくとよいでしょう。

住宅ローンと相続の関係は、こちら↓の記事が参考になります。

住宅ローンは相続される?団体信用生命保険との関係

2017.06.11

この記事が役に立ったらシェアをお願いします


遺産相続のお悩みは解決できましたか?

当事務所では、相続・遺言に関する手続きをすべてサポートいたします。ご自身での手続きに不安があるようでしたら、当事務所までご相談ください。

必ずあなたの力になります。


遺産相続おまかせパック

遺産相続おまかせパック

書類作成・書類収集・預貯金の解約・不動産の名義変更など、相続手続きに必要な各種の手続きをパックにしたサービスです。

「遺産相続の全部をおまかせしたい…」

「忙しくて自分で手続きをする時間がない…」

「自分で手続をするのは不安が残る…」

と思っている方へ。



相続放棄トータルサポート

相続放棄サポート

無料相談、出張相談、書類の取得、書類の作成、相続放棄申述書の作成、照会書の記入アドバイス、…など、相続放棄に必要な手続きをトータルにサポート。

安心の完全成功報酬制です。相続放棄できなかった場合には、料金はいただきません。



遺言作成トータルサポート

遺言が偽造されていた場合

法的に効力のある、しっかりとした遺言を書きたい!と思っている方へ。

無料相談、出張相談、書類の取得、書類の作成、遺言内容のアドバイス、遺言書下書きの作成、公証人役場との調整、公証人役場での立ち合い…などが含まれています。

自筆証書遺言と公正証書遺言の2種類に対応。


成年後見トータルサポート

成年後見サポート

成年後見制度の利用をご検討中の方へ。

ご相談から審判の確定まで、成年後見制度の利用に必要な手続きをトータルにサポート。

法定後見と任意後見契約の2種類に対応。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

みな司法書士法人 川上直也

司法書士になる前は、特別養護老人ホームで介護の仕事をしていました。私は、実際にお年寄りが法律の問題でお悩みになっている姿を身近で見て、誰もが気軽に相談できる、心に寄り添う法律の専門家が必要だと感じるようになりました。こうした思いから司法書士になり、当事務所を立ち上げるに至ります。ご相談は、お気軽にどうぞ。