一度も会ったことのない相続人と遺産分割協議を成立させて、不動産の名義変更(相続登記)をしたケース

会ったことのない相続人と遺産分割協議

ABOUTこの記事をかいた人

みな司法書士法人 川上直也

司法書士になる前は、特別養護老人ホームで介護の仕事をしていました。私は、実際にお年寄りが法律の問題でお悩みになっている姿を身近で見て、誰もが気軽に相談できる、心に寄り添う法律の専門家が必要だと感じるようになりました。こうした思いから司法書士になり、当事務所を立ち上げるに至ります。ご相談は、お気軽にどうぞ。

ご相談時の状況

被相続人(亡くなった人)は2度結婚されていて、前妻との間に子が2人、後妻との間に子が2人いらっしゃいました。相続人は全員で4人となります。

当事務所に依頼に来られたのは、後妻との間の子のAさん。被相続人と同居をし、被相続人が亡くなるまで介護生活を送っていたとのことでした。

Aさんは、被相続人名義の不動産を自分名義へ変更するための手続きを法務局へ確認したところ、不動産の名義変更をするためには、一度も会ったことのない前妻との間の子2人を含めた遺産分割協議が必要だと教えられました。

なお、相続財産には当該不動産の他にいくらかの預貯金がありました。

当事務所のご提案

戸籍を収集して前妻の子の住所地を調べ、Aさんから手紙を出すことにしました。手紙には、被相続人が亡くなったことと、そのために遺産分割協議が必要なことを記載します。

このような手紙は、前妻の子の立場からすれば寝耳に水の話です。単に「被相続人が亡くなりました、遺産分割協議をしてください」といった文面では、相手方は気分を害されてしまいます。被相続人の離婚後は、相手方も相当な苦労をされたであろうこと、被相続人の亡くなる前の生活状況、被相続人のお墓の位置なども手紙に記載し、相手方に失礼のないように、丁寧な文面で手紙を送りました。

なお、遺産分割の方法としては、現在も被相続人名義の家屋に住まわれているAさんが不動産を相続し、その他の預貯金を他の相続人3人で分けるという案を提案しました。

ご依頼の結果

司法書士

前妻の子2名と無事連絡を取ることができ、遺産分割協議は上記内容でまとまりました。手紙の到達後はAさん自身がお2人と連絡をとり、丁寧な対応をされたことで、話し合いはスムーズに進んだようです。

ポイント

遺産分割協議とは

遺産分割協議とは、被相続人の遺産を相続人の全員でどのように分けるのか協議をすることです。「相続の全員」で話し合うことが必要ですので、本件のように面識のない相続人がいたとしても、その方を外した遺産分割協議というものはできません。したがって、面識のない相続人にも何らかの方法で連絡を取る必要があります。

遺産分割協議については、こちら↓の記事が参考になります。

遺産相続の最重要ポイント-遺産分割協議の知識と進め方

2017.06.25

遺産分割協議の交渉と司法書士

司法書士は、弁護士法との関係上、相続人一人の方の代理人となって遺産分割協議を有利に進めるための交渉をすることはできません。

したがって、当事務所にご依頼を頂いた場合でも、遺産分割協議の話し合いは本件のAさんらのように、相続人の皆様でしていただくことになります。

とはいえ、遺産分割協議の法律的なアドバイスや進め方などは、当事務所からのアドバイスが可能です。

はじめから「自分に有利になるように」交渉をしようとすると、遺産分割協議は争いに発展する可能性が高くなってしまいます。円満な遺産相続を目指すには、本件のAさんのように「法律的なポイント」を押さえた上で、相手方の立場も尊重しながら話し合いを進めていくことをおすすめします。

各専門家の特徴は、こちら↓の記事が参考になります。

相続の相談は、税理士?弁護士?司法書士?あなたにあった専門家の選び方

2017.07.28

この記事が役に立ったらシェアをお願いします


遺産相続のお悩みは解決できましたか?

当事務所では、相続・遺言に関する手続きをすべてサポートいたします。ご自身での手続きに不安があるようでしたら、当事務所までご相談ください。

必ずあなたの力になります。


遺産相続おまかせパック

遺産相続おまかせパック

書類作成・書類収集・預貯金の解約・不動産の名義変更など、相続手続きに必要な各種の手続きをパックにしたサービスです。

「遺産相続の全部をおまかせしたい…」

「忙しくて自分で手続きをする時間がない…」

「自分で手続をするのは不安が残る…」

と思っている方へ。



相続放棄トータルサポート

相続放棄サポート

無料相談、出張相談、書類の取得、書類の作成、相続放棄申述書の作成、照会書の記入アドバイス、…など、相続放棄に必要な手続きをトータルにサポート。

安心の完全成功報酬制です。相続放棄できなかった場合には、料金はいただきません。



遺言作成トータルサポート

遺言が偽造されていた場合

法的に効力のある、しっかりとした遺言を書きたい!と思っている方へ。

無料相談、出張相談、書類の取得、書類の作成、遺言内容のアドバイス、遺言書下書きの作成、公証人役場との調整、公証人役場での立ち合い…などが含まれています。

自筆証書遺言と公正証書遺言の2種類に対応。


成年後見トータルサポート

成年後見サポート

成年後見制度の利用をご検討中の方へ。

ご相談から審判の確定まで、成年後見制度の利用に必要な手続きをトータルにサポート。

法定後見と任意後見契約の2種類に対応。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

みな司法書士法人 川上直也

司法書士になる前は、特別養護老人ホームで介護の仕事をしていました。私は、実際にお年寄りが法律の問題でお悩みになっている姿を身近で見て、誰もが気軽に相談できる、心に寄り添う法律の専門家が必要だと感じるようになりました。こうした思いから司法書士になり、当事務所を立ち上げるに至ります。ご相談は、お気軽にどうぞ。